トレーダーに聞いてみた

そもそも「トレード」とは?凄腕トレーダー「ビーム君」寄稿

トレードとは?|ビームくん寄稿記事
今回は凄腕スキャルトレーダー「ビーム君 @urahara_trx」の寄稿記事だぞ。サーモンの100倍は上手いトレーダー。みんなの参考になるといいな!
こんにちは、ビームです。この記事では具体的な手法などでなく、トレードとはそもそも何なのか?ー今回はFXや現物の売買に焦点を当てるーというテーマで、ざっくりと書いてみようと思います。
初心者の人も必見!

そもそも「トレード」とは?

まず一言で言ってしまおう。

リスク・リワードを考慮し資金管理に基づいて機械的にポジションを取ること。

基本は、下で買って上で売る(これはよく言われてるやつ、言い換えれば下がったら買って上がったら売る)

トレードというのはリスク・リワードが良いところ(これを「」と呼ぶ)を探して、「資金管理」に基づいて適切な量をポジる(買いか売りのポジション)を持つという「機械的」な「作業」に他ならない。

自分の考えていた方向と違ったら、淡々とあらかじめおいて置いたストップロスで損切するだけだ。

上がるか下がるかの未来予想など役に立たないしする必要もない。

ビットコインに関して言えば「よくある形(特に短期)」を意識するということはあるけども。

少なくともよくわからない線を引っ張ったり書いたりして予想が当たった外れたというようなギャンブルではない。

そうではなく、「ここは一旦買える」「ここは一旦止まりそうなので売れる」という感じ。(伝われ)(そのためにライントレードを活用するのはもちろん○)

一応上下予想もするけれども!

トレードで勝てるのは2割(といわれている)

多くの人はトレード(特にレバレッジをかけた取引)で損をしている文で書くといかにも簡単そうだけど、実際は多くの人が負けているのが事実。どうしてか。

理由は大きく二つ。

A.人間には感情や欲望がある

B.背をうまく見つけられてない(やること・努力の方向性が間違っている)

A.勝てない、負けるのは「人間には感情や欲望がある」のが一番の原因

勝てばうれしい、負ければ悲しいからね


人は、時にムキになって冷静な判断を忘れる感情的な生き物。つまり機械的な作業であるトレードとは対極の真理で動く。

基本的に、人間はトレードに向いてないと言い切ってしまってもいいかも。FXなどで多くの利益を得たいという欲望に負けて資金管理から外れた大きなポジションを持って維持率足りなくてゼロカットしたことがある人も多いはず。

これは後述の資金管理の項目で書いてることが理想論ではあるけど、少額でいいので実際にお金入れて証拠金とロットのバランス感覚をつかんでいくのが重要だと思う。

サーモンもかつてはよくあった笑

B.根拠なしに何となくポジって損失を出したことある人

これはどちらかというと「背をうまく見つけられていない」からかな。

純粋にやり方が確立していないということ。これは自分で見つけるか、他人のやり方の真似をすればいい。とにかく根拠なくポジっちゃダメってこと。

基本はとにかく冒頭に書いた部分

リスク・リワードを考慮し資金管理に基づいて機械的にポジションを取るを意識する。

リスク・リワード(RR)|資金管理とは?

自分がポジるときには必ず損切と利確目標を設定する特に損切ラインは必ず)んだけどその際に予想される利益と損切額の比率のこと。(予想利益÷予想損切額

例えば1BTC=10000ドルで1BTCロングするときに9950ドルで損切、利確目標は10150ドルの時なら、予想される損切額は50ドル、利益額は150ドルなのでRRは150÷50=3となる。

すなわち

RR(リスクリワード)がいい位置=損切までの位置が近い=損切した場合の損失が少ない

ってこと。

例えば髭キャッチ。何で髭キャッチするかというと、損切した時の損失が小さくRRがいいから。毎回毎回RRを計算するわけじゃないけど、とにかく背が近いとこでポジるのが重要ということである。

特にビットコインでは、端っこ取る優位性高め&難易度低めだと思ってる。(慣れは必要ですが、狙う努力は無駄ではないと思う。ビットコインに関してはボラティリティが大きいので中途半端な位置のエントリーやストップロスは狩られやすい。)

適切なロットってのは、RRがいい位置で損切を何回かしてもドローダウンしないロットのこと。証拠金とスタイルにもよるけど最初は控えめで慣れていけば結構攻めたトレードもできる。

資金管理については色々書いたけど、この記事がわかりやすい。

https://note.com/bakueki/n/n5954842e5c97

あとは有料商材ですが、個人的にめちゃくちゃ使えた(昔つかってました)のがbaketuさんのnote。

https://note.com/baketu_btc/n/n671a274287e5

背の探し方と上達法

背の探し方は何でもいい。

自分は極力シンプルにローソク足・水平線を意識している。

色々試した結果、シンプル is bestだという結論にたどり着いた。

有料NOTEなんでリンクは張らないけどやがみさんのローソク足ノート①②・raテクさんのノートはシンプルで再現性が高いと思ってます。おすすめ。

サーモンの場合はライントレードとインジケーターを組み合わせて使ったりするわ。

ビットコインなら他にも需給など、各種データや板を見てるトレーダーもいる(一応見る時もあるし、それぞれの意味はふんわり分かってはいるつもりではあるが判断の補助材料程度)

サーモンは、正直勝てれば何でもいいと
思ってたりはする!

 

トレードとは?|まとめ

この記事では、細かく書かないけど、twitterや各種無料サロン・オープンチャットで教えてくれるところはいくらでもあるから、そういうとこで技術を盗むといいと思う。

聞く相手選びがまた難しいところだけど、上手い方から優しく教えていただける機会もあるだろう。

個人的にオススメなのは上手い方たちが買ってるor売ってるポイントをチャートと照らし合わせてひたすら考える事かな。ミラトレもいいんだけど、人によって時間軸違うし、どうしてもその人よりエントリー遅くなる時点で不利だし、最後は自分の頭で考えないとダメだと思う。

ビーム君は少額から成り上がった本物のトレーダー。
決してギャンブルのようなトレードで資産を増やしてきたわけじゃ無いので、参考になると思う。サーモンも似たようなトレードをしてるつもり。ビーム君には少しエントリーが早いっていつも怒られるけどね笑みんなの参考になれば幸い!

今回記事を寄稿してくれたビーム君のTwitterはこちら@urahara_trx

 

最近の投稿