アルトコイン

$TOMO(TOMOCHAIN):TOMOの特徴と値上がりの可能性、DAPPSについて

今日はサーモンが注目している仮想通貨$TOMOについて説明していくぜ。

先日、Tomochain ($TOMO) はBINANCE DEXにも上場して激アツの通貨。

今回は仮想通貨の銘柄の記事はなるべく簡単に$TOMOの解説をしていくぜ。だって、仮想通貨銘柄の記事って、「コンセンサス!スケーラビリティ!DAAPS!スマートコントラクト!」とか、初心者には絶対理解できないだろ的な用語ばっかりのが多いからさ・・・。

TOMOの使い道は?

使い道は大事だぜ。なんていったってバブルで一番値下がり率の高かった銘柄は卓上の理論しかない銘柄だったり、絶対実需と繋がらない銘柄がほとんどだったからな。

TOMOの使い道。それはブロックチェーンゲームだ。現在ブロックチェーンでのゲームは沢山開発されている。なんでブロックチェーンで開発するかというと例えば課金でガチャするよな。ただその確率などは現状ブラックボックスだ。運営がガチャの当選率を弄るなんて楽勝のクソゲー。ただ、それを解決するのがブロックチェーンのゲーム「DAPPS」だ。ブロックチェーンでは改ざんは出来ないからな。

だが、DAPPSの現状の問題は送金が遅い、処理速度が遅いなどの理由で快適にゲームが出来ない。
それが理由で正直面白いDAPPSのゲームは現状少ないんだ。

しかしその問題を解決するのがTOMOだ。TOMOCHAINを使用すれば送金の遅さ、処理の遅さを解決出来る。また圧倒的に送金手数料が安い。ってかタダじゃないっかてレベル。
じゃあなんで問題を解決できたのかは次で説明だ。

TOMOのマスターノード

おいマスターノードってなんだよ。文系諸君には難しい用語だよな。まずノードから説明するぞ。ノードは端末だつまりPC。例えばBTCは世界中のどのノード(PC)でも取引を承認できる。ただこれには問題がある。くそ遅い。承認作業を様々なノードで行うから遅いんや。

しかし、マスタードノード制度を採用しているコインはこの承認作業が圧倒的に早い。何故かって、あらかじめ決められたPCだけで承認作業をさせるから早い。争いがない。ピース。マスターノード制とはある一定の条件を満たしたノード(PC)だけで行う取引の承認作業だ。ある一定条件の例でいうと

  • そのコインを大量に持っている。
  • 24時間稼働のPCがある
  • ある一定期間コインをロックアップ(売れない)する

などが条件だな。TOMOのマスターノードになるには5万枚必要になる。そしてTOMOホルダーによる投票によってマスターノードになれるかは決まる。

マスターノードになると報酬が年利が34%だ。すげーな。小口の小額投資家はマスターノードになれなくてもその投票をするだけでも報酬はもらえるぞ。小口でも年利は10%以上だ。

寝てるだけでお金が増えてる〜

TOMOがBINANCEチェーンへ?BINANCEDEXへ上場。TOMOBとは?

TOMOは現在、独自のTOMOチェーンで動いている。しかしこのままだと「BAINANCE DEX」では取引出来ない。なぜならBINANCE DEXではBINANCEチェーンで動いている銘柄しか取引出来ないのだ。そこでTOMOはBINANCE DEXでも取引出来るように「$TOMOB」というBINANCEチェーンでも取り扱い出来るコインを作った。

文系でも分かるように簡単に説明するぞ。

プレイステーションではプレステのソフトしか動かないよな。現状だとプレステ(BINANCE DEX)ではTOMOは動かない。取引出来ない。

だからBINANCE DEXで取引するためにBINANCE DEX用のコインを作りましたよって話だ。BINANCE DEXで取引する$TOMOBは追加で発行はされる訳ではない。1対1で交換される。TOMO1枚→TOMOB1枚に交換される。もちろんTOMOB→TOMOにも再度交換できる。だから無限に発行される恐れはないのでTOMOBが生まれたことによる価格低下のデメリットはないはずだ。

BINANCE DEXに上場されるメリットは非常に熱い。何故ならBINANCE DEXに上場しているコインが続々とBINANCE本体に上場し高値をつけている。世界最大の仮想通貨取引所BINANCEにTOMOも上場されるチャンスを得たのだ!

TOMOの今後

TOMOは現在様々な企業と提携を進めている。

先日は日本の仮想通貨$JCTと提携を締結させた。いままでTOMOは海外のマーケティングを主に進めてきたが日本でもマーケティングを開始したのだ。また開発も非常に活発だ。TOMOのウォレットをサーモンは実際使用したが非常に使いやすい。

現状ツイッターを検索しても分かると思うが$TOMOで検索すると海外の投稿がほとんどだ。海外では人気がある事が分かるね。だが日本ではまだまだ認知度が非常に低い。現在時価総額は100位以下だが海外の人気ぶり、BINANCE本体への上場の可能性が大ということを考えるとまだまだ価格の伸び代はあると思われるぜ。

日本人よTOMOは夢があるぜ。海外勢に負けるな。
サーモンと一緒に夢をつかもうぜ!!!

TOMOの日本公式ツイッターをフォローすることをオススメするぜ。やはり仮想通貨はツイッターが一番情報早いからな。
https://twitter.com/TomochainJP

最近の投稿

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。