仮想通貨・暗号資産

2020年のビットコイン半減期は5/12:半減期とは?過去の値動きを振り返る。

BTC(ビットコイン)の半減期が2020年5月12日あたりに予想されているよ。正確な日付はまだ未確定。過去チャートを見ると、この半減期のときにビットコインの価格が上がったりしていることから大事なイベントになると考えられているんだよ。

ってかそもそも半減期ってなんやねん。詳しく教えろ。

半減期とビットコインのマイニング

半減期を説明する前に大事なビットコインの仕組みがある。それがマイニング。マイニングとは、ビットコインを他の財布に移動する時にその契約が正しいかを承認して報酬をもらう事。だからビットコインは取引所で買う以外にもこのマイニングで稼ぐ人が沢山いる。会社としてマイニング企業(マイナー)も世界中にたくさん。

半減期になるとマイナーが貰えるビットコインの枚数=マイニング報酬が半分になる。これが半減期。

では半減期ってなんの為にあるのか。

ビットコインの半減期は何のためにある?

半減期の仕組みがあるのは、ビットコインの需給バランスを調整し、急激なインフレが起こらないようにするためだと言われている。

ビットコインの発行総量は2100万枚と最大発行量が決まっているから、発行数量が同じままだと、すぐに上限を迎えてしまうんだ。そうすると、ビットコインの供給が止まることになるので、価格が暴騰する可能性があるんだ。

供給量を少しずつ減らすことで、発行上限達成による急激な価格高騰が起こることを防ぐという狙いがあると言われてるよ。

過去のビットコイン半減期:値動きおさらい

この半減期過去に2回あった。そしてその2回目の半減期には価格が上昇している。

最初の半減期2012年11月はまだビットコインの認知度が低すぎて目立った動きはなかった。しかし2回目は急激に上昇したんだ。

BTC半減期前回の半減期は2016年7月。だがその一年前には仕込みを察知するインジケーターのAPS(通称ちんイン)が反応している。今回の半減期は2020年5月頃に予定されている。ではその一年前のチャートを見てみよう。


前回2016年同様一年前にAPSの反応がありそこから価格は上昇している。前回のチャートの形と今年のチャート形状も非常に似ているところが多々あるので面白いよね。

2020年の半減期でビットコインはどうなる?

BTCの価格予想はアナリスト、有名なトレーダーで本当にバラバラ。正直サーモンも分からない。しかしながら一年前から仕込まれて価格はその後回復傾向にあるから期待しても良いのかなってサーモンは思っている。

仮想通貨は冬の時代が続いていたから春が来ればいいなあ。2020年初夏の値動きを注目してみてみよう。

最近の投稿

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。